special

about当サイト管理人も元々専業主婦でしたが、家計のことや老後の不安などの理由から復職し、現在は正社員として働いています。かつての自分と同じような立場の主婦の方の役に立ちたかったということと、労働力不足という社会問題の解決に力を尽くしたいという思いから当サイトを開設しました。何かご連絡があれば【コチラ】にお願い致します。

2016.6.6

リスクを回避するため(Aさん)

LINEで送る

リスク回避を重視したAさん

Aさんは出産を機に仕事を退職し専業主婦となっていましたが、子育てがひと段落したことをきっかけに数年ほど前に正社員として復職しました。Aさんが専業主婦からまた会社勤めに戻った理由は生活におけるリスク回避のためです。
Aさんのご家庭のそれまでの家計は旦那さんの収入に全て依存していました。このように収入源が1つしかないことをシングルインカムと言いますが、これでは旦那さんが万が一事故や病気などで働けなくなってしまった場合、生活が即座に破綻してしまいます。子どもも手はかからなくなりましたが、今後も生活費や教育費の負担は続いていくだけに油断はできません。また旦那さんは仕事が忙しく、そのために生活も不規則でお酒の摂取も多めだったことからAさんは余計に不安を強くしたようです。

リスクを回避するため(Aさん)

役に立った簿記の資格

上記のような事情から復職を決意したAさんですが、はじめは長く離れていた自分が無事復職できるか、また良い勤め先に採用されるのか不安だったそうです。しかし意外なほどあっさりとAさんは復職に成功し、その後も順調に活躍することができました。そのようなAさんの成功を支えたのは、家計管理やライフプランニングの参考になればと勉強し取得しておいた簿記とFPの資格です。
まず簿記の資格は企業の会計のための資格で、経理人材には欠かすことのできない資格です。そして経理の仕事は主婦の募集も人気も一番高い仕事なためAさんに限らず多くの女性が取得しておいた方が有利な資格と言えるでしょう。また簿記の資格取得は経理の仕事に就かなくとも、会計的な視点を養うのに最も適した資格です。そして会計的な視点で企業を見ることができるということは経営者と同じ視点を持てるということであり、そのような能力は経理以外の営業や企画などの仕事でも大変重宝されるのです。

FPの資格も重視された

またAさんの復職の支えとなった2つ目の資格のFPはファイナンシャルプランナーの略語であり、個人の人生のゴール設定やそのための人生設計を意味するライフプランニングとライフプランニング実現のための資金計画であるファイナンシャルプランニングを行うためのスキルを持っているという資格です。Aさんは家族みんなの幸せ作りのための将来設計に役立てるためにこの資格を取得しました。そしてこの資格は取得の過程で金融や不動産など様々な知識を学ばなければならないので、Aさんには自然とそういった教養が身についていったのです。このように幅広い知識を持っていることも復職の際には高く評価されましたし、Aさんの視野を広げてくれたので仕事にも役に立ちました。

こちらも読んでみては?

企業側の取り組みって?

現在特に大手の会社ほどグローバル化の必要性から女性社員の採用に力を入れています。近年では大和証券さんや第一生命さんなど、役員や管理職の立場で女性が活躍する企業も増えてきました。女性の活躍を支えるにはそのための制度の創設と社員への啓蒙の2つが大切です。

more